FavoriteLoadingお気に入りに追加

三大流星群の一つである「ペルセウス座流星群」が活動のピークを迎えます。一番の見頃となる12日(金)夜から13日(土)明け方にかけてが観測のチャンスです。

国立天文台によると、昨年は極大の約1日半後に予想外の活動があり、例年の極大時の2倍以上に達する流星が観測されたとのことです。

今年、地球が同じ位置関係となるのは14日(日)深夜23時台です。可能性は高くないとのことですが、予想外の活動があるかにも注目してみてください。

・一般的な出現期間:7月17日~8月24日
・今年の活動極大 :8月13日(土)10時頃
・母天体:スイフト・タットル彗星

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/08/2022-in-20228132130Perseus-meteor-shower.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/08/2022-in-20228132130Perseus-meteor-shower-225x150.jpgtsutomuウェザーニュース三大流星群の一つである「ペルセウス座流星群」が活動のピークを迎えます。一番の見頃となる12日(金)夜から13日(土)明け方にかけてが観測のチャンスです。 国立天文台によると、昨年は極大の約1日半後に予想外の活動があり、例年の極大時の2倍以上に達する流星が観測されたとのことです。 今年、地球が同じ位置関係となるのは14日(日)深夜23時台です。可能性は高くないとのことですが、予想外の活動があるかにも注目してみてください。 ・一般的な出現期間:7月17日~8月24日 ・今年の活動極大 :8月13日(土)10時頃 ・母天体:スイフト・タットル彗星ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。