FavoriteLoadingお気に入りに追加

EU=ヨーロッパ連合からの離脱をめぐり混乱の続くイギリスで6日、議会下院が解散しました。来月12日の総選挙に向けて、各政党は本格的な選挙戦に突入しました。ジョンソン首相は6日、エリザベス女王に解散を報告した後、官邸の前で声明を発表し、「EU離脱を成し遂げ前進しよう」と、決意を表明しました。調査機関オピ二ウムの世論調査では、ジョンソン首相率いる与党・保守党が労働党を16ポイントリードし、ICMの調査でも保守党が労働党を7ポイント引き離しています。一方、ジョンソン政権でウェールズを担当していたケアンズ大臣が6日、元側近が裁判を妨害したとされる問題を理由に辞任し、ジョンソン首相にとっては選挙戦の出鼻をくじかれた形となりました。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/11/unnamed-file-314-1024x576.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/11/unnamed-file-314-225x150.jpgtsutomuテレ東NEWSEU=ヨーロッパ連合からの離脱をめぐり混乱の続くイギリスで6日、議会下院が解散しました。来月12日の総選挙に向けて、各政党は本格的な選挙戦に突入しました。ジョンソン首相は6日、エリザベス女王に解散を報告した後、官邸の前で声明を発表し、「EU離脱を成し遂げ前進しよう」と、決意を表明しました。調査機関オピ二ウムの世論調査では、ジョンソン首相率いる与党・保守党が労働党を16ポイントリードし、ICMの調査でも保守党が労働党を7ポイント引き離しています。一方、ジョンソン政権でウェールズを担当していたケアンズ大臣が6日、元側近が裁判を妨害したとされる問題を理由に辞任し、ジョンソン首相にとっては選挙戦の出鼻をくじかれた形となりました。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。