FavoriteLoadingお気に入りに追加

EUのヨーロッパ委員会は25日、域内の自由な移動に必要なEU共通の新型コロナワクチンの接種証明書の有効期限を来年1月10日以降、接種完了から9ヵ月とすることを各国に提案しました。ヨーロッパで感染が再拡大する中、対策として成人の追加接種を推奨する狙いです。また、ヨーロッパ医薬品庁は25日、ファイザー製ワクチンの5歳から11歳への接種を承認しました。今後、ヨーロッパ委員会が承認を最終的に決める予定です。

#EU#ヨーロッパ委員会#接種証明#新型コロナウイルス#ワクチン#接種#ブースター#欧州委員会

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/11/20211126-3.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/11/20211126-3-225x150.jpgtsutomuテレ東NEWSEUのヨーロッパ委員会は25日、域内の自由な移動に必要なEU共通の新型コロナワクチンの接種証明書の有効期限を来年1月10日以降、接種完了から9ヵ月とすることを各国に提案しました。ヨーロッパで感染が再拡大する中、対策として成人の追加接種を推奨する狙いです。また、ヨーロッパ医薬品庁は25日、ファイザー製ワクチンの5歳から11歳への接種を承認しました。今後、ヨーロッパ委員会が承認を最終的に決める予定です。 #EU#ヨーロッパ委員会#接種証明#新型コロナウイルス#ワクチン#接種#ブースター#欧州委員会ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。