FavoriteLoadingお気に入りに追加

中国経済の持ち直しが鮮明となっています。中国の国家統計局が16日発表した
1月から3月期のGDP=国内総生産は、物価変動の影響を除く実質で1年前に比べて18.3%増えました。
新型コロナウイルスの流行でマイナス成長に沈んだ1年前からの反動もあり、
四半期の成長率として統計がある1992年以降で最大の伸びとなりました。
また、GDPと同時に発表された消費動向を示す小売売上高は33.9%の増加だったほか、
工業生産は24.5%、工場やオフィスビルへの固定資産投資は25.6%の増加でした。
国家統計局の報道官は経済の好調ぶりを強調する一方、
「一部のサービス業や零細企業はなお困難に直面している」とも指摘しています。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/04/182021416.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/04/182021416-225x150.jpgtsutomuテレ東NEWS中国経済の持ち直しが鮮明となっています。中国の国家統計局が16日発表した 1月から3月期のGDP=国内総生産は、物価変動の影響を除く実質で1年前に比べて18.3%増えました。 新型コロナウイルスの流行でマイナス成長に沈んだ1年前からの反動もあり、 四半期の成長率として統計がある1992年以降で最大の伸びとなりました。 また、GDPと同時に発表された消費動向を示す小売売上高は33.9%の増加だったほか、 工業生産は24.5%、工場やオフィスビルへの固定資産投資は25.6%の増加でした。 国家統計局の報道官は経済の好調ぶりを強調する一方、 「一部のサービス業や零細企業はなお困難に直面している」とも指摘しています。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。