FavoriteLoadingお気に入りに追加

サンマの資源管理を話し合う
NPFC=北太平洋漁業委員会の年次会合が
23日オンライン形式で始まりました。
日本の2020年のサンマ水揚げ量は、
水温の上昇や中国や台湾などの先取りなどが原因で、
前の年に比べ27%減った2万9,566トンと
過去最低を更新しました。
前回の会合では初めて漁獲枠の導入で合意しましたが、
今回の会合では日本は漁獲枠の削減を提案します。
中国や台湾も不漁に苦しんでいて
漁獲枠の削減で合意する可能性はありますが
資源回復につながる実効性のある枠削減ができるかが課題となっています。

◆「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」などが見放題!
「テレビ東京ビジネスオンデマンド」はコチラ↓(入会月無料)
https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/info/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta

◆毎日ニュースを更新中!
チャンネル登録:https://www.youtube.com/channel/UCkKVQ_GNjd8FbAuT6xDcWgg/featured?sub_confirmation=1b1

◆公式SNSでも番組を配信中!
公式ツイッター:https://twitter.com/tx_news
WBS:https://twitter.com/wbs_tvtokyo
モーサテ:https://twitter.com/ms_tvtokyo
ガイアの夜明け:https://twitter.com/gaia_no_yoake
カンブリア宮殿:https://twitter.com/cambrian_palace
池上彰の報道特番:https://twitter.com/tx_ikegami
特命!池上ベンチャーズ:https://twitter.com/TVTOKYOventures

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/02/2021223-21.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/02/2021223-21-225x150.jpgtsutomuテレ東NEWSサンマの資源管理を話し合う NPFC=北太平洋漁業委員会の年次会合が 23日オンライン形式で始まりました。 日本の2020年のサンマ水揚げ量は、 水温の上昇や中国や台湾などの先取りなどが原因で、 前の年に比べ27%減った2万9,566トンと 過去最低を更新しました。 前回の会合では初めて漁獲枠の導入で合意しましたが、 今回の会合では日本は漁獲枠の削減を提案します。 中国や台湾も不漁に苦しんでいて 漁獲枠の削減で合意する可能性はありますが 資源回復につながる実効性のある枠削減ができるかが課題となっています。 ◆「ワールドビジネスサテライト」「ガイアの夜明け」などが見放題! 「テレビ東京ビジネスオンデマンド」はコチラ↓(入会月無料) https://txbiz.tv-tokyo.co.jp/info/lp/?utm_source=youtube&utm_medium=meta ◆毎日ニュースを更新中! チャンネル登録:https://www.youtube.com/channel/UCkKVQ_GNjd8FbAuT6xDcWgg/featured?sub_confirmation=1b1 ◆公式SNSでも番組を配信中! 公式ツイッター:https://twitter.com/tx_news WBS:https://twitter.com/wbs_tvtokyo モーサテ:https://twitter.com/ms_tvtokyo ガイアの夜明け:https://twitter.com/gaia_no_yoake カンブリア宮殿:https://twitter.com/cambrian_palace 池上彰の報道特番:https://twitter.com/tx_ikegami 特命!池上ベンチャーズ:https://twitter.com/TVTOKYOventuresニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。