FavoriteLoadingお気に入りに追加

資源エネルギー庁が発表した8月13日時点のレギュラーガソリン1リットルあたりの全国平均小売価格は、前の週と比べて0.5円安い145円となり、3週連続の値下がりとなりました。37の道府県で値下がりし、もっとも安かったのは埼玉県の139.4円でした。米中の対立激化を受け、原油の相場は一段と下落していて、今後もガソリン価格の値下がりが見込まれそうです。#ガソリン#原油#資源エネルギー庁

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/unnamed-file-643-1024x576.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/unnamed-file-643-225x150.jpgtsutomuテレ東NEWS資源エネルギー庁が発表した8月13日時点のレギュラーガソリン1リットルあたりの全国平均小売価格は、前の週と比べて0.5円安い145円となり、3週連続の値下がりとなりました。37の道府県で値下がりし、もっとも安かったのは埼玉県の139.4円でした。米中の対立激化を受け、原油の相場は一段と下落していて、今後もガソリン価格の値下がりが見込まれそうです。#ガソリン#原油#資源エネルギー庁ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。