FavoriteLoadingお気に入りに追加

ASEANの関連会合に参加した林外務大臣は、弾道ミサイルを発射した中国との今後の関係について「日本は常にオープンであり、建設的かつ安定的な関係を双方の努力で構築していくことが重要だ」と強調しました。

林 芳正 外務大臣
「情勢が緊迫しているこのような時こそ、しっかりと意思疎通することが重要であり、我が国は中国側との対話については常にオープンであります。建設的かつ安定的な日中関係、これを双方の努力で構築していくということが重要だと考えております」

カンボジアで開かれたASEAN=東南アジア諸国連合の関連会合に参加した林外務大臣は、一連の会議への出席後このように述べ、改めて中国側が対話に応じるよう訴えました。

その上で、今後の日中関係については、「主張すべきは主張し責任ある行動を求めつつ、共通の諸課題については協力するという建設的かつ安定的な日中関係を双方の努力で構築していくことが重要だ」との考えを示しました。

また、林大臣は、会議で自身の発言中に中国の王毅外相とロシアのラブロフ外相が退席したことを明かし、「退席後に、両国からそれぞれの立場について発言があったので、両外相のいる前でしっかりと反論をした」と説明。「複数の国から私の反論を支持する発言があった」と述べました。

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/08/TBS-NEWS-DIG-134.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/08/TBS-NEWS-DIG-134-225x150.jpgtsutomuTBS NEWSASEANの関連会合に参加した林外務大臣は、弾道ミサイルを発射した中国との今後の関係について「日本は常にオープンであり、建設的かつ安定的な関係を双方の努力で構築していくことが重要だ」と強調しました。 林 芳正 外務大臣 「情勢が緊迫しているこのような時こそ、しっかりと意思疎通することが重要であり、我が国は中国側との対話については常にオープンであります。建設的かつ安定的な日中関係、これを双方の努力で構築していくということが重要だと考えております」 カンボジアで開かれたASEAN=東南アジア諸国連合の関連会合に参加した林外務大臣は、一連の会議への出席後このように述べ、改めて中国側が対話に応じるよう訴えました。 その上で、今後の日中関係については、「主張すべきは主張し責任ある行動を求めつつ、共通の諸課題については協力するという建設的かつ安定的な日中関係を双方の努力で構築していくことが重要だ」との考えを示しました。 また、林大臣は、会議で自身の発言中に中国の王毅外相とロシアのラブロフ外相が退席したことを明かし、「退席後に、両国からそれぞれの立場について発言があったので、両外相のいる前でしっかりと反論をした」と説明。「複数の国から私の反論を支持する発言があった」と述べました。 ▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/ ▼チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1 ▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html ▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.htmlニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。