FavoriteLoadingお気に入りに追加

気温や雨の情報など、1月25日このあとの天気をお伝えします。

正午頃の山口市の様子ですが、積雪が11センチとかなり雪が積もっている状況です。山口など中国地方では、大雪のピーク越えつつありますが、気温が低いですから、この積もった雪が明日までしばらく残りそうです。そのため、道路の状況非常に悪くなりそうです。車の運転などには十分お気をつけください。一方で、近畿から北の日本海側では明日にかけても大雪に警戒が必要です。また、普段雪の降らない東海地方でも明日にかけてさらに雪が積もりそうです。

雪雲の予想です。正午の段階から山陰から北の日本海側では引き続き雪なんですが、中国地方では雪のピークを超えそうです。また、雪雲が一部流れ込んでくる東海地方でも明日にかけて雪がさらに積もるでしょう。明日にかけての予想される雪の降る量なんですが、いずれも多いところで東北地方で80センチ、北海道北陸地方で60センチ、関東甲信と近畿北部で50センチ、東海地方で40センチ、中国地方主に山陰地方で30センチとなっています。

そして風にも警戒が必要です。東日本や北日本の日本海側では最大瞬間風速が35mと台風並みの風が吹き荒れそうです。これに雪が加わりますから吹雪いて視界がかなり悪くなりそうです。車の運転や登下校時は十分お気をつけください。そして、この荒れた天気をもたらしている原因はこの10年に一度あるかないかの強い寒気なんですが、明日にかけてはいったん北上するんですけれども、今度はですね週末にかけて、また金曜日の夜から土曜日、この強い寒気が流れ込みます。今回ほどではないんですけれども、東日本や北日本では再び日本海側は大雪のおそれがありそうです。

では、今日これからの予報マークで見てみましょう。今日は日本海側だけではなくて、盛岡や仙台など太平洋側の地方も雪で積もりそうです。日本海側では風も強く吹いて荒れた天気が続くでしょう。一方で、関東から西の太平洋側と九州では晴れそうです。

そして、強い寒気の影響で日中もほとんど気温が上がりません。北日本では日中でも氷点下です。関東から西の地方でも5℃以下のところがほとんど。東京や大阪では4度、福岡は2度と1年で一番寒い時期を下回りそうです。

では明日の予報です。明日もですね、日本海側の地方の雪が続きますが、今日に比べて風は少しおさまってきそうです。仙台から西の太平洋側では、明日は晴れるところが多いでしょう。

では、この先1週間の予報。まずは西日本です。明後日金曜日は冷たい雨や雪の降るところが多くなりそうです。そして東日本や北日本でも金曜日は冷たい雨や雪となるでしょう。そしてその後、また強い寒気が流れ込みまして、日本海側では土曜日から日曜日に再び大雪のおそれがあります。土曜日は福岡でも雪が降りまして、再び九州でも積もる可能性があるでしょう。一方で、東京や名古屋など東日本の太平洋側、土曜日から来週の前半にかけては晴れの天気が続きそうです。ただ気温は低くなりまして、朝の気温は0℃以下のところもありそうです。昼間の最高気温は東日本や西日本でも10℃以下となりまして、この時期は1年で一番寒い時期なんですけれども、平年を下回る寒さが続きそうです。日本海側の地方ではあすにかけても引き続き大雪に警戒してください。

▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/

▼チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1

▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html

▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」
https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.html

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2023/01/TBS-NEWS-DIG-302.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2023/01/TBS-NEWS-DIG-302-225x150.jpgtsutomuTBS NEWS気温や雨の情報など、1月25日このあとの天気をお伝えします。 正午頃の山口市の様子ですが、積雪が11センチとかなり雪が積もっている状況です。山口など中国地方では、大雪のピーク越えつつありますが、気温が低いですから、この積もった雪が明日までしばらく残りそうです。そのため、道路の状況非常に悪くなりそうです。車の運転などには十分お気をつけください。一方で、近畿から北の日本海側では明日にかけても大雪に警戒が必要です。また、普段雪の降らない東海地方でも明日にかけてさらに雪が積もりそうです。 雪雲の予想です。正午の段階から山陰から北の日本海側では引き続き雪なんですが、中国地方では雪のピークを超えそうです。また、雪雲が一部流れ込んでくる東海地方でも明日にかけて雪がさらに積もるでしょう。明日にかけての予想される雪の降る量なんですが、いずれも多いところで東北地方で80センチ、北海道北陸地方で60センチ、関東甲信と近畿北部で50センチ、東海地方で40センチ、中国地方主に山陰地方で30センチとなっています。 そして風にも警戒が必要です。東日本や北日本の日本海側では最大瞬間風速が35mと台風並みの風が吹き荒れそうです。これに雪が加わりますから吹雪いて視界がかなり悪くなりそうです。車の運転や登下校時は十分お気をつけください。そして、この荒れた天気をもたらしている原因はこの10年に一度あるかないかの強い寒気なんですが、明日にかけてはいったん北上するんですけれども、今度はですね週末にかけて、また金曜日の夜から土曜日、この強い寒気が流れ込みます。今回ほどではないんですけれども、東日本や北日本では再び日本海側は大雪のおそれがありそうです。 では、今日これからの予報マークで見てみましょう。今日は日本海側だけではなくて、盛岡や仙台など太平洋側の地方も雪で積もりそうです。日本海側では風も強く吹いて荒れた天気が続くでしょう。一方で、関東から西の太平洋側と九州では晴れそうです。 そして、強い寒気の影響で日中もほとんど気温が上がりません。北日本では日中でも氷点下です。関東から西の地方でも5℃以下のところがほとんど。東京や大阪では4度、福岡は2度と1年で一番寒い時期を下回りそうです。 では明日の予報です。明日もですね、日本海側の地方の雪が続きますが、今日に比べて風は少しおさまってきそうです。仙台から西の太平洋側では、明日は晴れるところが多いでしょう。 では、この先1週間の予報。まずは西日本です。明後日金曜日は冷たい雨や雪の降るところが多くなりそうです。そして東日本や北日本でも金曜日は冷たい雨や雪となるでしょう。そしてその後、また強い寒気が流れ込みまして、日本海側では土曜日から日曜日に再び大雪のおそれがあります。土曜日は福岡でも雪が降りまして、再び九州でも積もる可能性があるでしょう。一方で、東京や名古屋など東日本の太平洋側、土曜日から来週の前半にかけては晴れの天気が続きそうです。ただ気温は低くなりまして、朝の気温は0℃以下のところもありそうです。昼間の最高気温は東日本や西日本でも10℃以下となりまして、この時期は1年で一番寒い時期なんですけれども、平年を下回る寒さが続きそうです。日本海側の地方ではあすにかけても引き続き大雪に警戒してください。 ▼TBS NEWS DIG 公式サイト https://newsdig.tbs.co.jp/ ▼チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/channel/UC6AG81pAkf6Lbi_1VC5NmPA?sub_confirmation=1 ▼情報提供はこちらから「TBSインサイダーズ」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/tbs-insiders.html ▼映像提供はこちらから「TBSスクープ投稿」 https://www.tbs.co.jp/news_sp/toukou.htmlニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。