FavoriteLoadingお気に入りに追加

『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖監督最新作は、従来のミュージカル映画に一石を投じる『ダンスウィズミー』(8月16日全国公開)。

 三吉彩花演じる、“ミュージカル嫌い”のヒロイン・静香。彼女は催眠術で音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダになってしまった。

 静香は、元のカラダに戻るため “インチキ催眠術師”のマーチン上田(宝田明)を追い遠路はるばる北海道へ。 そこで明らかとなった“こズルい調査員”の渡辺(ムロツヨシ)の秘密に大激怒!怒りをぶつけるも、逆に開き直る渡辺。

 静香は愛想をつかし、その場を立ち去ろうとするが、駅の時計が15:00を指した瞬間、童謡「浜辺の歌」が流れ始めてしまい思わず歌い出す静香。音楽が終わるとすぐに「げっ…」という気まずい顔を見せた静香だが、異変に気付いた渡辺は、「もしかして?」と呼びかけ、「浜辺の歌」の一節を美声と共にアカペラで歌い出す。静香の複雑な気持ちと裏腹に、渡辺の生歌に反応しまたもや熱唱。

 「ミュージカル体質」になってしまったことがばれた静香は思いっきりしかめっ面を見せ、渡辺は「マジか!」と一声。果たして静香は無事元のカラダに戻れるのか。

 最終的には27テイクも撮影を行ったこのシーン。ムロツヨシが変顔のお手本をする一幕もあったとか。ムロは、主演を堂々と務めた三吉に対し「すべてを吸収しようとしていて明るくて素直でいいなと思いました。そんな三吉さんを支えようと思っていたのですが実際に支えられたのは、プライベートで海鮮丼と焼き肉を食べに行ったときですかね。ご飯2回分をごちそうしたのでそこは支えられました」と冗談を織り交ぜつつも真摯な姿勢で撮影に臨んでいた三吉を絶賛していた。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/unnamed-file-311-1024x576.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/unnamed-file-311-225x150.jpgtsutomuORICON NEWS『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』『ハッピーフライト』の矢口史靖監督最新作は、従来のミュージカル映画に一石を投じる『ダンスウィズミー』(8月16日全国公開)。  三吉彩花演じる、“ミュージカル嫌い”のヒロイン・静香。彼女は催眠術で音楽が聞こえると歌い踊り出すカラダになってしまった。  静香は、元のカラダに戻るため “インチキ催眠術師”のマーチン上田(宝田明)を追い遠路はるばる北海道へ。 そこで明らかとなった“こズルい調査員”の渡辺(ムロツヨシ)の秘密に大激怒!怒りをぶつけるも、逆に開き直る渡辺。  静香は愛想をつかし、その場を立ち去ろうとするが、駅の時計が15:00を指した瞬間、童謡「浜辺の歌」が流れ始めてしまい思わず歌い出す静香。音楽が終わるとすぐに「げっ…」という気まずい顔を見せた静香だが、異変に気付いた渡辺は、「もしかして?」と呼びかけ、「浜辺の歌」の一節を美声と共にアカペラで歌い出す。静香の複雑な気持ちと裏腹に、渡辺の生歌に反応しまたもや熱唱。  「ミュージカル体質」になってしまったことがばれた静香は思いっきりしかめっ面を見せ、渡辺は「マジか!」と一声。果たして静香は無事元のカラダに戻れるのか。  最終的には27テイクも撮影を行ったこのシーン。ムロツヨシが変顔のお手本をする一幕もあったとか。ムロは、主演を堂々と務めた三吉に対し「すべてを吸収しようとしていて明るくて素直でいいなと思いました。そんな三吉さんを支えようと思っていたのですが実際に支えられたのは、プライベートで海鮮丼と焼き肉を食べに行ったときですかね。ご飯2回分をごちそうしたのでそこは支えられました」と冗談を織り交ぜつつも真摯な姿勢で撮影に臨んでいた三吉を絶賛していた。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。