FavoriteLoadingお気に入りに追加

★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv

 俳優の大泉洋さんと女優の小池栄子さんが2月23日、東京都内で行われた公開中の映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」(成島出監督)の舞台あいさつに登場した。同作の宣伝で大泉さんと数多くの番組に出演してきた小池さんは「あなたと番組がやりたい。朝の10分とか深夜の10分(番組)でもいい」と熱望。しかし大泉さんは「あなたと朝の10分はちょっと面倒」と苦笑し、「僕と彼女が(番組を)やったら、どっちがメインのMCなのか、もめます。仕切り合いになっちゃうから。結局は難しい」と“拒否”した。

 大泉さんは、小池さんとともに出演した朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)の話題を持ち出し、「あのとき、あなたのむちゃぶりのせいで、僕のMCとしての評判がものすごく下がった。MCの仕事なくなっていますよ」とクレーム。さらに「『スッキリ』に加藤(浩次)さんと(近藤)春菜さんのイメージがあると考えれば、僕は加藤さんで、僕が主演。これから本領を発揮するときに俺よりも先に振っちゃだめ。それをやられると横にいる俺にアシスタント感が出ちゃうから」と主張し、小池さんは「細かい……。やっぱりこの人と番組はできない。2週目以降、ケンカになるわ」と自らの提案を“却下”した。

 また映画のタイトルにちなみ、「グッドバイしたいこと」を聞かれた小池さんは「言い訳みたいですが、キャンペーン中にさまざまな番組でご一緒して、(大泉さんに)かなりの暴言を吐きました。でもあくまでも女優を捨ててバラエティータレントとして番組が盛り上がったらいいなと思って。その記憶をグッドバイしてほしい」と回答。「都合がいいかもしれないけど、本当の私は大泉洋さんのこと大好きだから」と話すと、大泉さんは大笑いしていた。

 そんな大泉さんは「こんなに宣伝期間中に共演した女優に『こいつ』って言ったことない」と明かすと、小池さんは「そのとき『こいつって何だ、おまえ』って言ったけど、母親に怒られた。そんなふうに育て覚えないって悲しまれた。反省しました」と話し、息ぴったりの様子で観客の笑いを誘っていた。

 映画は、文豪・太宰治の未完の遺作を劇作家のケラリーノ・サンドロヴィッチさんが戯曲化した「グッドバイ」が原作。何人もの愛人を抱えるダメ男・田島周二(大泉さん)が、多数の愛人たちと別れるため、金にがめつい担ぎ屋・永井キヌ子(小池さん)に女房を演じてくれと頼み込むことから起こる騒動を描く。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/02/MC.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/02/MC-225x150.jpgtsutomuMAiDiGiTV★高画質★エンタメニュースを毎日掲載!「MAiDiGiTV」登録はこちら↓ http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=maidigitv  俳優の大泉洋さんと女優の小池栄子さんが2月23日、東京都内で行われた公開中の映画「グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~」(成島出監督)の舞台あいさつに登場した。同作の宣伝で大泉さんと数多くの番組に出演してきた小池さんは「あなたと番組がやりたい。朝の10分とか深夜の10分(番組)でもいい」と熱望。しかし大泉さんは「あなたと朝の10分はちょっと面倒」と苦笑し、「僕と彼女が(番組を)やったら、どっちがメインのMCなのか、もめます。仕切り合いになっちゃうから。結局は難しい」と“拒否”した。  大泉さんは、小池さんとともに出演した朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)の話題を持ち出し、「あのとき、あなたのむちゃぶりのせいで、僕のMCとしての評判がものすごく下がった。MCの仕事なくなっていますよ」とクレーム。さらに「『スッキリ』に加藤(浩次)さんと(近藤)春菜さんのイメージがあると考えれば、僕は加藤さんで、僕が主演。これから本領を発揮するときに俺よりも先に振っちゃだめ。それをやられると横にいる俺にアシスタント感が出ちゃうから」と主張し、小池さんは「細かい……。やっぱりこの人と番組はできない。2週目以降、ケンカになるわ」と自らの提案を“却下”した。  また映画のタイトルにちなみ、「グッドバイしたいこと」を聞かれた小池さんは「言い訳みたいですが、キャンペーン中にさまざまな番組でご一緒して、(大泉さんに)かなりの暴言を吐きました。でもあくまでも女優を捨ててバラエティータレントとして番組が盛り上がったらいいなと思って。その記憶をグッドバイしてほしい」と回答。「都合がいいかもしれないけど、本当の私は大泉洋さんのこと大好きだから」と話すと、大泉さんは大笑いしていた。  そんな大泉さんは「こんなに宣伝期間中に共演した女優に『こいつ』って言ったことない」と明かすと、小池さんは「そのとき『こいつって何だ、おまえ』って言ったけど、母親に怒られた。そんなふうに育て覚えないって悲しまれた。反省しました」と話し、息ぴったりの様子で観客の笑いを誘っていた。  映画は、文豪・太宰治の未完の遺作を劇作家のケラリーノ・サンドロヴィッチさんが戯曲化した「グッドバイ」が原作。何人もの愛人を抱えるダメ男・田島周二(大泉さん)が、多数の愛人たちと別れるため、金にがめつい担ぎ屋・永井キヌ子(小池さん)に女房を演じてくれと頼み込むことから起こる騒動を描く。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。