FavoriteLoadingお気に入りに追加

西九州新幹線が23日、武雄温泉(佐賀県武雄市)―長崎で開業した。新車両「かもめ」が全5駅の約66キロを走行する。新幹線としては最も短い。1973年に福岡と長崎を結ぶ長崎ルートの整備計画が決定されてから約50年かけて実現した。各駅で開業式典が行われ、長崎駅では、午前6時17分に武雄温泉行き上り一番列車が出発した。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/09/66.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/09/66-225x150.jpgtsutomuKyodoNews西九州新幹線が23日、武雄温泉(佐賀県武雄市)―長崎で開業した。新車両「かもめ」が全5駅の約66キロを走行する。新幹線としては最も短い。1973年に福岡と長崎を結ぶ長崎ルートの整備計画が決定されてから約50年かけて実現した。各駅で開業式典が行われ、長崎駅では、午前6時17分に武雄温泉行き上り一番列車が出発した。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。