FavoriteLoadingお気に入りに追加

在日中国大使館は22日、日中国交正常化50年を祝うレセプションを東京都内で開催した。孔鉉佑駐日大使は日中関係について「試練の中で対立を乗り越え、成熟し安定した次の50年を迎えなければいけない」とあいさつした。
福田康夫元首相は「中国が国際社会で安定した平和勢力であってほしい」と述べた。
レセプションには鳩山由紀夫元首相や、国交正常化を実現した故田中角栄元首相の長女、真紀子元外相ら政財界の約300人が出席した。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/09/50-1.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/09/50-1-225x150.jpgtsutomuKyodoNews在日中国大使館は22日、日中国交正常化50年を祝うレセプションを東京都内で開催した。孔鉉佑駐日大使は日中関係について「試練の中で対立を乗り越え、成熟し安定した次の50年を迎えなければいけない」とあいさつした。 福田康夫元首相は「中国が国際社会で安定した平和勢力であってほしい」と述べた。 レセプションには鳩山由紀夫元首相や、国交正常化を実現した故田中角栄元首相の長女、真紀子元外相ら政財界の約300人が出席した。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。