FavoriteLoadingお気に入りに追加

高度経済成長期、コンビナートによる大気汚染を巡り企業の責任を認めた「四日市公害訴訟」の判決から、24日で50年。患者9人が企業6社に損害賠償を求めた訴訟で1972年7月、津地裁四日市支部が計約8820万円の賠償を命じる患者側の全面勝訴となり、公害問題への対応は今日の環境行政の礎となった。今は当時の関係者が減り、記憶の風化が進む中、次世代にバトンをつなごうと、取り組みが続く。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/07/50-.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/07/50--225x150.jpgtsutomuKyodoNews高度経済成長期、コンビナートによる大気汚染を巡り企業の責任を認めた「四日市公害訴訟」の判決から、24日で50年。患者9人が企業6社に損害賠償を求めた訴訟で1972年7月、津地裁四日市支部が計約8820万円の賠償を命じる患者側の全面勝訴となり、公害問題への対応は今日の環境行政の礎となった。今は当時の関係者が減り、記憶の風化が進む中、次世代にバトンをつなごうと、取り組みが続く。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。