FavoriteLoadingお気に入りに追加

北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故で、専門業者「日本サルヴェージ」は25日、えい航中に水深182メートルの海底に落下したカズワンを再びつり上げるため、「スリング」と呼ばれるナイロン製の帯を取り付ける作業を始めた。

記事詳細
https://www.47news.jp/news/7827035.html

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/05/unnamed-file-24.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/05/unnamed-file-24-225x150.jpgtsutomuKyodoNews北海道・知床半島沖で観光船「KAZU Ⅰ(カズワン)」が沈没した事故で、専門業者「日本サルヴェージ」は25日、えい航中に水深182メートルの海底に落下したカズワンを再びつり上げるため、「スリング」と呼ばれるナイロン製の帯を取り付ける作業を始めた。 記事詳細 https://www.47news.jp/news/7827035.htmlニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。