FavoriteLoadingお気に入りに追加

鹿児島県・奄美大島の大和村沖合で、夏の風物詩、サンゴの一斉産卵が始まった。精子と卵子が入った「バンドル」と呼ばれる直径0.5ミリほどの小さな粒が、夜間に大量に放出され、暗い海をピンク色に染めた。

記事詳細
https://www.47news.jp/national/science-environment/7820403.html

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/05/unnamed-file-749.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/05/unnamed-file-749-225x150.jpgtsutomuKyodoNews鹿児島県・奄美大島の大和村沖合で、夏の風物詩、サンゴの一斉産卵が始まった。精子と卵子が入った「バンドル」と呼ばれる直径0.5ミリほどの小さな粒が、夜間に大量に放出され、暗い海をピンク色に染めた。 記事詳細 https://www.47news.jp/national/science-environment/7820403.htmlニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。