FavoriteLoadingお気に入りに追加

「1票の格差」が最大3・00倍だった7月の参院選は投票価値の平等に反し違憲だとして、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分5県の有権者が各選挙区の選挙無効を求めた訴訟の判決で、福岡高裁(西井和徒裁判長)は8日、「合憲」との判断を示し、請求を棄却した。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/11/71-2-1024x576.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/11/71-2-225x150.jpgtsutomuKyodoNews「1票の格差」が最大3・00倍だった7月の参院選は投票価値の平等に反し違憲だとして、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分5県の有権者が各選挙区の選挙無効を求めた訴訟の判決で、福岡高裁(西井和徒裁判長)は8日、「合憲」との判断を示し、請求を棄却した。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。