FavoriteLoadingお気に入りに追加

2月3日の節分を前に愛知県知多市の大智院で、豆まき用の「福升」作りが進んでいる。長谷川実彰住職が升の側面に「福」や「寿」、内底に観音を意味する梵字と「七難即滅 七福即生」の文字を書き入れた。約2千個を用意し、節分の参拝者に豆とお札、お守りをセットにして手渡す。

記事詳細
https://www.47news.jp/national/novel_coronavirus/7291377.html

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/01/unnamed-file-1058.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/01/unnamed-file-1058-225x150.jpgtsutomuKyodoNews2月3日の節分を前に愛知県知多市の大智院で、豆まき用の「福升」作りが進んでいる。長谷川実彰住職が升の側面に「福」や「寿」、内底に観音を意味する梵字と「七難即滅 七福即生」の文字を書き入れた。約2千個を用意し、節分の参拝者に豆とお札、お守りをセットにして手渡す。 記事詳細 https://www.47news.jp/national/novel_coronavirus/7291377.htmlニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。