FavoriteLoadingお気に入りに追加

白血病から復帰し、東京五輪に競泳女子の代表として出場した池江璃花子選手(ルネサンス)が25日、神宮球場で行われたヤクルト―中日戦で始球式を務めた。池江選手は自身の誕生日、7月4日にちなんだ背番号「74」のユニホーム姿で登場し、ノーバウンドで捕手まで投げた。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/09/unnamed-file-1661.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/09/unnamed-file-1661-225x150.jpgtsutomuKyodoNews白血病から復帰し、東京五輪に競泳女子の代表として出場した池江璃花子選手(ルネサンス)が25日、神宮球場で行われたヤクルト―中日戦で始球式を務めた。池江選手は自身の誕生日、7月4日にちなんだ背番号「74」のユニホーム姿で登場し、ノーバウンドで捕手まで投げた。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。