FavoriteLoadingお気に入りに追加

24日に開幕する東京パラリンピックに臨む日本選手団が20日、東京・晴海の選手村で入村会見を行い、河合純一団長は「バスやトイレの位置など、パラアスリートの目線で意見を伝えてきた。多様性と調和のコンセプト通りで素晴らしい」と述べた。河合団長は大会組織委員会のアスリート委員会副委員長として、選手村のバリアフリー設計に関わってきた。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/08/unnamed-file-1588.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/08/unnamed-file-1588-225x150.jpgtsutomuKyodoNews24日に開幕する東京パラリンピックに臨む日本選手団が20日、東京・晴海の選手村で入村会見を行い、河合純一団長は「バスやトイレの位置など、パラアスリートの目線で意見を伝えてきた。多様性と調和のコンセプト通りで素晴らしい」と述べた。河合団長は大会組織委員会のアスリート委員会副委員長として、選手村のバリアフリー設計に関わってきた。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。