FavoriteLoadingお気に入りに追加

和歌山県広川町で17日、恒例の「稲むらの火祭り」開催が新型コロナウイルスの影響で来年に見送られたことを受け、縮小版の採火式が実施された。稲むらの火祭りは、江戸時代の安政南海地震(1854年)で津波から村人を救おうと、稲わらに火を付けて高台に導いた実業家浜口梧陵の故事にちなみ、2003年から地元の実行委員会が毎年実施してきた。

記事詳細
https://www.47news.jp/news/new_type_pneumonia/5386039.html

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/10/unnamed-file-1170.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/10/unnamed-file-1170-225x150.jpgtsutomuKyodoNews和歌山県広川町で17日、恒例の「稲むらの火祭り」開催が新型コロナウイルスの影響で来年に見送られたことを受け、縮小版の採火式が実施された。稲むらの火祭りは、江戸時代の安政南海地震(1854年)で津波から村人を救おうと、稲わらに火を付けて高台に導いた実業家浜口梧陵の故事にちなみ、2003年から地元の実行委員会が毎年実施してきた。 記事詳細 https://www.47news.jp/news/new_type_pneumonia/5386039.htmlニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。