FavoriteLoadingお気に入りに追加

中国共産党の故趙紫陽元総書記の秘書だった鮑彤・元党中央委員(87)が29日までに取材に応じ、香港への国家安全法制導入について国際条約に相当する1984年の中英共同宣言に反しているとの認識を示した上で「単純な(中国の)国内問題ではない」と述べた。また習近平指導部が香港の民意を無視し「横暴」な政策を進めていると批判した。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/06/unnamed-file-1375.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/06/unnamed-file-1375-225x150.jpgtsutomuKyodoNews中国共産党の故趙紫陽元総書記の秘書だった鮑彤・元党中央委員(87)が29日までに取材に応じ、香港への国家安全法制導入について国際条約に相当する1984年の中英共同宣言に反しているとの認識を示した上で「単純な(中国の)国内問題ではない」と述べた。また習近平指導部が香港の民意を無視し「横暴」な政策を進めていると批判した。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。