FavoriteLoadingお気に入りに追加

囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)と、親子3代で現役プロとなった高校生棋士の羽根彩夏初段(17)が15日、大阪市で開かれたイベ
ント「阪急電鉄納涼囲碁まつり」(日本棋院など主催)で対局した。2人は涼しげな浴衣姿で打ち、仲邑初段が勝利した。

記事詳細
https://www.47news.jp/news/3887591.html

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/unnamed-file-649-1024x576.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/unnamed-file-649-225x150.jpgtsutomuKyodoNews囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(10)と、親子3代で現役プロとなった高校生棋士の羽根彩夏初段(17)が15日、大阪市で開かれたイベ ント「阪急電鉄納涼囲碁まつり」(日本棋院など主催)で対局した。2人は涼しげな浴衣姿で打ち、仲邑初段が勝利した。 記事詳細 https://www.47news.jp/news/3887591.htmlニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。