FavoriteLoadingお気に入りに追加

和歌山県那智勝浦町で25日朝、世界遺産・那智の滝(落差約133メートル)の滝つぼが凍っているのが確認された。普段より水量は少なく、水しぶきは氷となって岩肌に張り付いた。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2023/01/unnamed-file-1022.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2023/01/unnamed-file-1022-225x150.jpgtsutomuKyodoNews和歌山県那智勝浦町で25日朝、世界遺産・那智の滝(落差約133メートル)の滝つぼが凍っているのが確認された。普段より水量は少なく、水しぶきは氷となって岩肌に張り付いた。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。