FavoriteLoadingお気に入りに追加

台風10号の影響が強まった15日午前、西日本を中心に鉄道や空の便で運休や欠航が相次いだ。山陽新幹線が新大阪-小倉間上下線で始発から終日運転を見合わせるほか、東海道新幹線や九州新幹線も通常時より本数を減らしての運行となった。旅客機も九州や四国、近畿などを発着する便で欠航が続出した。
 JR西日本によると、山陽新幹線の小倉-博多間は1時間に1本程度の運行となった。在来線も広島、岡山、山口の各県内を走行する列車で終日運転見合わせ。近畿でも運休する路線が増える見込みだ。【時事通信福岡支社】

映像素材の購入については時事通信フォトへお問い合わせください https://www.jijiphoto.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/10JR-1024x576.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/10JR-225x150.jpgtsutomu時事通信映像センター台風10号の影響が強まった15日午前、西日本を中心に鉄道や空の便で運休や欠航が相次いだ。山陽新幹線が新大阪-小倉間上下線で始発から終日運転を見合わせるほか、東海道新幹線や九州新幹線も通常時より本数を減らしての運行となった。旅客機も九州や四国、近畿などを発着する便で欠航が続出した。  JR西日本によると、山陽新幹線の小倉-博多間は1時間に1本程度の運行となった。在来線も広島、岡山、山口の各県内を走行する列車で終日運転見合わせ。近畿でも運休する路線が増える見込みだ。【時事通信福岡支社】 映像素材の購入については時事通信フォトへお問い合わせください https://www.jijiphoto.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。