FavoriteLoadingお気に入りに追加

千葉・君津市内を流れる小糸川。

静かに流れるこの川だが、4日前は赤茶色に変色していた。

流れ込んだのは、近くの製鉄所から出た、有害物質を含む液体。
製鉄所で何が起きたのか。

異変が明らかになったのは、6月19日の正午過ぎ。

付近の住民から、「水路の水が赤くなっている」と119番通報が寄せられた。

当時撮影された写真を見ると、川の広い範囲が赤茶色になっているのがわかる。

異変を目撃した住民は、当時の様子を「(異変は19日)日曜日だね。赤黒いというか、ものすごい色だった、形容しがたい色。すごい色で、魚が死んでどんどん浮いていた」と話した。

影響は、23日も続いていた。
異変のあった川では、死んだ魚が浮いていた。

川の近くにあるのは、日本製鉄。

千葉県によると、この製鉄所近くの水路が、およそ2.5kmにわたって赤茶色に変色。
これにともない、合流する小糸川も変色し、魚の死骸が確認された。

流れ出たのは、ガスを洗浄する際に使用する液体。

飲み込むと人体に有害とされる成分、「チオシアン酸アンモニウム」が含まれていた。

この液体が入ったタンクに穴が開き、一部が流れ出たという。

製鉄所は、川の異変が確認される前日に、タンクに穴が開いていたことを把握していた。

しかし、その時点では川への流出を確認していなかった。

日本製鉄は、付近の住民に謝罪するとともに「行政の指導のもと原因を突き止め、皆さまに説明できるよう努めたい」としている。

千葉県と君津市は、川に入ったりしないよう注意を呼びかけている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/06/unnamed-file-1126.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/06/unnamed-file-1126-225x150.jpgtsutomuFNN.jpプライムオンライン千葉・君津市内を流れる小糸川。 静かに流れるこの川だが、4日前は赤茶色に変色していた。 流れ込んだのは、近くの製鉄所から出た、有害物質を含む液体。 製鉄所で何が起きたのか。 異変が明らかになったのは、6月19日の正午過ぎ。 付近の住民から、「水路の水が赤くなっている」と119番通報が寄せられた。 当時撮影された写真を見ると、川の広い範囲が赤茶色になっているのがわかる。 異変を目撃した住民は、当時の様子を「(異変は19日)日曜日だね。赤黒いというか、ものすごい色だった、形容しがたい色。すごい色で、魚が死んでどんどん浮いていた」と話した。 影響は、23日も続いていた。 異変のあった川では、死んだ魚が浮いていた。 川の近くにあるのは、日本製鉄。 千葉県によると、この製鉄所近くの水路が、およそ2.5kmにわたって赤茶色に変色。 これにともない、合流する小糸川も変色し、魚の死骸が確認された。 流れ出たのは、ガスを洗浄する際に使用する液体。 飲み込むと人体に有害とされる成分、「チオシアン酸アンモニウム」が含まれていた。 この液体が入ったタンクに穴が開き、一部が流れ出たという。 製鉄所は、川の異変が確認される前日に、タンクに穴が開いていたことを把握していた。 しかし、その時点では川への流出を確認していなかった。 日本製鉄は、付近の住民に謝罪するとともに「行政の指導のもと原因を突き止め、皆さまに説明できるよう努めたい」としている。 千葉県と君津市は、川に入ったりしないよう注意を呼びかけている。 FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。