FavoriteLoadingお気に入りに追加

G7(主要7カ国)首脳会合に出席した岸田首相は、ロシアへの制裁強化の方針を表明するとともに、アジアの安全保障情勢についても説明した。

直前に起きた北朝鮮によるミサイル発射を受けて、岸田首相は、弾道ミサイルや核開発についても、G7で連携して対応していく必要性を訴えた。

首脳会合で岸田首相は、北朝鮮のミサイル発射に触れるとともに、中国の進出が懸念となっているアジア情勢についても情報共有を図った。

一方、ウクライナ侵攻をめぐっては、貿易上の優遇措置「最恵国待遇」撤回に向けた法改正を今の国会で行うことを表明するなどした。

また、会合の前後には、アメリカのバイデン大統領らと2国間の首脳会談を行った。

岸田首相「(バイデン大統領とは)短時間ではあったが協議を行い、日米同盟の一層の強化について、日米間の連携を確認した」

岸田首相は25日午後、帰国する予定。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/03/G7G77.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2022/03/G7G77-225x150.jpgtsutomuFNN.jpプライムオンラインG7(主要7カ国)首脳会合に出席した岸田首相は、ロシアへの制裁強化の方針を表明するとともに、アジアの安全保障情勢についても説明した。 直前に起きた北朝鮮によるミサイル発射を受けて、岸田首相は、弾道ミサイルや核開発についても、G7で連携して対応していく必要性を訴えた。 首脳会合で岸田首相は、北朝鮮のミサイル発射に触れるとともに、中国の進出が懸念となっているアジア情勢についても情報共有を図った。 一方、ウクライナ侵攻をめぐっては、貿易上の優遇措置「最恵国待遇」撤回に向けた法改正を今の国会で行うことを表明するなどした。 また、会合の前後には、アメリカのバイデン大統領らと2国間の首脳会談を行った。 岸田首相「(バイデン大統領とは)短時間ではあったが協議を行い、日米同盟の一層の強化について、日米間の連携を確認した」 岸田首相は25日午後、帰国する予定。 FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。