FavoriteLoadingお気に入りに追加

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、安全な資産とされる金が2021年の最高値を更新した。

金の先物価格は、取引の中心となる2022年4月ものの価格が1グラムあたり6,500円を上回った。

金の先物取引は、大阪取引所で行われているが、2020年11月以来、およそ半年ぶりの高値水準で、2021年の取引時間中の最高値を更新した。

田中貴金属工業の小売価格も先週末に比べて、66円高い7,176円と、2020年9月以来の高値となった。

市場関係者は、「安全資産とされる金に資金を振り向ける動きが強まっている」としている。

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/05/2021....jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/05/2021...-225x150.jpgtsutomuFNN.jpプライムオンライン新型コロナウイルスの感染が拡大する中、安全な資産とされる金が2021年の最高値を更新した。 金の先物価格は、取引の中心となる2022年4月ものの価格が1グラムあたり6,500円を上回った。 金の先物取引は、大阪取引所で行われているが、2020年11月以来、およそ半年ぶりの高値水準で、2021年の取引時間中の最高値を更新した。 田中貴金属工業の小売価格も先週末に比べて、66円高い7,176円と、2020年9月以来の高値となった。 市場関係者は、「安全資産とされる金に資金を振り向ける動きが強まっている」としている。 チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ アプリで最新ニュースに簡単アクセス https://yappli.plus/fnn-prime_flyerニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。