FavoriteLoadingお気に入りに追加

4月のビール類の販売は、大手4社すべてで前年を上回った。

ビール大手各社が発表した、発泡酒や第3のビールを含む4月のビール類の販売数量は、前の年の同じ月と比べて、キリンが5%、サッポロが7%、サントリーが16%、アサヒは、販売額で27%それぞれ増えた。

休業や営業時間の短縮で業務用ビールが落ち込む一方、巣ごもり需要で缶製品が好調だった。

中でも、アサヒは、新発売の泡が出る「生ジョッキ缶」がけん引し、ビールの販売数量が、前の年の1.4倍となったほか、サントリーは、糖質ゼロビールが好調で2.3倍となり、売り上げを大きく伸ばしました。

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

アプリで最新ニュースに簡単アクセス
https://yappli.plus/fnn-prime_flyer

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/05/4-4-1.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/05/4-4-1-225x150.jpgtsutomuFNN.jpプライムオンライン4月のビール類の販売は、大手4社すべてで前年を上回った。 ビール大手各社が発表した、発泡酒や第3のビールを含む4月のビール類の販売数量は、前の年の同じ月と比べて、キリンが5%、サッポロが7%、サントリーが16%、アサヒは、販売額で27%それぞれ増えた。 休業や営業時間の短縮で業務用ビールが落ち込む一方、巣ごもり需要で缶製品が好調だった。 中でも、アサヒは、新発売の泡が出る「生ジョッキ缶」がけん引し、ビールの販売数量が、前の年の1.4倍となったほか、サントリーは、糖質ゼロビールが好調で2.3倍となり、売り上げを大きく伸ばしました。 チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ アプリで最新ニュースに簡単アクセス https://yappli.plus/fnn-prime_flyerニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。