FavoriteLoadingお気に入りに追加

暮らしに暗い影を落とす新型コロナウイルス。
頼みの綱となるあのお金は届いたのか。

30代男性「まだ何も、さっきまさにその話をしてて、いつ来るのかなーってずっと首を長くして待っている」

30代女性「まだ受け取ってないです。休校で食費とか、かかっているので、生活費に使わせていただきたいなと」

わたしたち1人ひとりに給付される10万円の特別定額給付金。

まだ受け取っていないという声が多く聞かれる中、オンライン申請に続き、郵送で申請する書類の発送も全国各地でスタート。

総務省は、全国の73%にあたる1,277の市区町村が22日までに給付を始めるとしている。

東京23区でも、オンライン申請が完了した人などには、早速、届き始めているようで、SNSには「渋谷区から給付金10万円振り込まれてる」、「早くてビックリ! 練馬区さんありがとうございます」などの投稿も見られた。

東京・江戸川区のコールセンターでは、さまざまな部署から応援で集まった100人態勢で電話応対している。

江戸川区では、緊急性の高い人に一刻も早く給付金を届けるため、国に代わって区が先払いできるよう予算を確保。

5月1日から臨時のコールセンターを設置した。

22日も午前9時の受け付け開始から一斉に電話が鳴り響き、職員が慌ただしく対応。

江戸川区では5月7日に給付を始めていて、21日までに1万7,000世帯以上に届けている。

実際に、このスピード対応で給付金を受け取ったのが唐崎健嗣さん(54)。

2019年11月に移動式プラネタリウムの会社を立ち上げたが、新型コロナの影響で、小学校などへの訪問がすべてキャンセルに。

唐崎さん「売り上げがここ2カ月ずっとゼロで、どうしようかなと思っている」

そんな唐崎さん、5月1日に始まったオンライン申請初日に早速トライ。

マイナンバーカードなど必要なアイテムはすべてそろっており、手続きはその日のうちに完了したという。

そして…。

唐崎さん「(給付金が口座に振り込まれたのは?)日付は5月の12日でした」

申請から2週間たたずに、妻とあわせて20万円を受け取った。

唐崎さん「手持ちの現金が増えたという安心感はすごくありますね。まずは蓄えに回して、今後、長引いていったときにはそれを切り崩していく形になるかなと」

江戸川区の先行給付で現金を受け取った人はほかにも。

新型コロナの影響で出勤が半分に減ってしまったという女性。

22日朝に給付金を受け取った江戸川区民「なるべく早くもらえる方法ってないのかなと思っていたところ、(先行して)取り組みをしていると知ったので、支払うものがたくさんあって、助かってます」

さらに、街でも。

先週受け取った江戸川区民(40代)「全部で4人、40万円です。早すぎて逆にびっくりしました。地元の飲食の持ち帰りだったりとか、お肉買おうかとか、そういう話をしました」

景気低迷が確実視される中、10万円の給付策はどれだけ家計の助けとなるのか、その成果が問われるのはこれから。

(2020/05/22)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

#新型コロナウイルス #10万円給付 #マイナンバー

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/05/227310.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/05/227310-225x150.jpgtsutomuFNN.jpプライムオンライン暮らしに暗い影を落とす新型コロナウイルス。 頼みの綱となるあのお金は届いたのか。 30代男性「まだ何も、さっきまさにその話をしてて、いつ来るのかなーってずっと首を長くして待っている」 30代女性「まだ受け取ってないです。休校で食費とか、かかっているので、生活費に使わせていただきたいなと」 わたしたち1人ひとりに給付される10万円の特別定額給付金。 まだ受け取っていないという声が多く聞かれる中、オンライン申請に続き、郵送で申請する書類の発送も全国各地でスタート。 総務省は、全国の73%にあたる1,277の市区町村が22日までに給付を始めるとしている。 東京23区でも、オンライン申請が完了した人などには、早速、届き始めているようで、SNSには「渋谷区から給付金10万円振り込まれてる」、「早くてビックリ! 練馬区さんありがとうございます」などの投稿も見られた。 東京・江戸川区のコールセンターでは、さまざまな部署から応援で集まった100人態勢で電話応対している。 江戸川区では、緊急性の高い人に一刻も早く給付金を届けるため、国に代わって区が先払いできるよう予算を確保。 5月1日から臨時のコールセンターを設置した。 22日も午前9時の受け付け開始から一斉に電話が鳴り響き、職員が慌ただしく対応。 江戸川区では5月7日に給付を始めていて、21日までに1万7,000世帯以上に届けている。 実際に、このスピード対応で給付金を受け取ったのが唐崎健嗣さん(54)。 2019年11月に移動式プラネタリウムの会社を立ち上げたが、新型コロナの影響で、小学校などへの訪問がすべてキャンセルに。 唐崎さん「売り上げがここ2カ月ずっとゼロで、どうしようかなと思っている」 そんな唐崎さん、5月1日に始まったオンライン申請初日に早速トライ。 マイナンバーカードなど必要なアイテムはすべてそろっており、手続きはその日のうちに完了したという。 そして...。 唐崎さん「(給付金が口座に振り込まれたのは?)日付は5月の12日でした」 申請から2週間たたずに、妻とあわせて20万円を受け取った。 唐崎さん「手持ちの現金が増えたという安心感はすごくありますね。まずは蓄えに回して、今後、長引いていったときにはそれを切り崩していく形になるかなと」 江戸川区の先行給付で現金を受け取った人はほかにも。 新型コロナの影響で出勤が半分に減ってしまったという女性。 22日朝に給付金を受け取った江戸川区民「なるべく早くもらえる方法ってないのかなと思っていたところ、(先行して)取り組みをしていると知ったので、支払うものがたくさんあって、助かってます」 さらに、街でも。 先週受け取った江戸川区民(40代)「全部で4人、40万円です。早すぎて逆にびっくりしました。地元の飲食の持ち帰りだったりとか、お肉買おうかとか、そういう話をしました」 景気低迷が確実視される中、10万円の給付策はどれだけ家計の助けとなるのか、その成果が問われるのはこれから。 (2020/05/22) FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH #新型コロナウイルス #10万円給付 #マイナンバーニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。