FavoriteLoadingお気に入りに追加

テスト飛行に失敗した新型の有人宇宙船「スターライナー」が、地球に帰還した。

ボーイングが開発した有人宇宙船「スターライナー」は20日、テストのため、無人で打ち上げられた。

しかし、エンジンの不具合で、予定していた軌道に入ることができず、国際宇宙ステーションとのドッキングができなかった。

こうしたことから、「スターライナー」はテストの予定を大幅に切り上げ、22日、ニューメキシコ州の砂漠地帯に着陸した。

今回の失敗で、NASA(アメリカ航空宇宙局)とボーイングが2020年にも目指していた、有人での試験飛行計画は、遅れる可能性が出てきた。

(2019/12/23)

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

チャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCH

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/12/unnamed-file-1173.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/12/unnamed-file-1173-225x150.jpgtsutomuFNN.jpプライムオンラインテスト飛行に失敗した新型の有人宇宙船「スターライナー」が、地球に帰還した。 ボーイングが開発した有人宇宙船「スターライナー」は20日、テストのため、無人で打ち上げられた。 しかし、エンジンの不具合で、予定していた軌道に入ることができず、国際宇宙ステーションとのドッキングができなかった。 こうしたことから、「スターライナー」はテストの予定を大幅に切り上げ、22日、ニューメキシコ州の砂漠地帯に着陸した。 今回の失敗で、NASA(アメリカ航空宇宙局)とボーイングが2020年にも目指していた、有人での試験飛行計画は、遅れる可能性が出てきた。 (2019/12/23) FNNプライムオンライン https://www.fnn.jp/ チャンネル登録をお願いします! http://www.youtube.com/subscription_center?add_user=FNNnewsCHニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。