FavoriteLoadingお気に入りに追加

In Deepさんのサイトより引用抜粋

今日、NHK で以下のニュースを読みました。
アストラゼネカ 新型コロナワクチン 日本での臨床試験も再開へ
製薬大手「アストラゼネカ」が、中断していた新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験をイギリスに続いて日本でも近く再開する方針を固めたことが関係者への取材で分かりました。
イギリスの製薬大手アストラゼネカは、オックスフォード大学と共同で新型コロナウイルスのワクチンの開発を進めていて、イギリスやブラジルなどでは臨床試験の最終段階を迎えています。

ところが、イギリス国内でワクチンを接種した1人に原因不明の重い症状が確認されたことなどから、アストラゼネカは先週、世界各地で行っていた臨床試験を一時的に中断しました。 (NHK 2020/09/14)

「もう再開かよ」と感心するなり呆れるなりしましたが、数日前、以下のようなことがあり、ワクチン開発が一時的に停止されていたのです。

9月9日のブルームバーグの記事からです。

英アストラゼネカ、コロナワクチン試験中断-原因不明の疾患
英アストラゼネカは新型コロナウイルスワクチンの試験を中断した。試験参加者1人に有害反応の疑いが見られたためだとしている。新型コロナウイルス感染症に対するワクチン開発を急ぐ取り組みに遅れが生じる懸念がある。

アストラゼネカの発表資料によると、参加者1人に原因不明の疾患の発現が見られた後、ワクチン試験の標準的なレビューに基づいて中断を決めた。 (Bloomberg 2020/09/09)

これらの報道では、
「原因不明の疾患の発現」
というような表現がされていまして、症状や病名は書かれていないですが、海外の報道では、その病名が報じられています。最初に報じたのは、アメリカのニューヨーク・タイムズでした。

それは「 transverse myelitis 」、日本語では「横断性脊髄炎」というものです。
日本の医学事典から調べてみますと、以下のようなものです。
急性横断性脊髄炎
症状と徴候

頸部、背部、または頭部に疼痛が生じることがある。胸部または腹部の周囲に帯状に分布する緊張、足および下肢の筋力低下、チクチク感、およびしびれ,ならびに排尿排便困難が数時間から数日をかけて出現する。

さらに数日をかけて完全な感覚運動障害を伴う横断性脊髄症へと進行して、対麻痺、病変レベル以下の感覚消失、尿閉、および便失禁を生じる場合もある。 (MSD マニュアル)

このようなもので、もう少し読み進んで「予後」というところを読みますと、以下のように書かれてありました。

急性横断性脊髄炎
予後
一般に、進行が急速であるほど予後は不良となる。
疼痛の存在はより重度の炎症を示唆する。

約3分の1の患者は回復し、3分の1の患者には筋力低下および尿意切迫が残り、残りの3分の1の患者は寝たきりになり失禁を認める。(MSD マニュアル)

このように、発症した患者さんのうちの、3分の2に後遺症が残り、その半分は「寝たきりになる」というものです。

今回のアストラゼネカのワクチンの臨床試験の中で、そういう症状の参加者が出たわけですが、先ほどのように、日本では、数日後に試験再開を発表しています。

イギリスやブラジルでも、9月12日までにすでに治験を再開しています。
研究者サイドの考え方は、非常にはっきりとしていまして、アストラゼネカと共にワクチンの開発をおこなっている英オックスフォード大学は、以下のように声明を出したと BBC は伝えています。

「このような大規模な治験で、一部の参加者が体調を崩すことは予想されること」

なお、この「横断性脊髄炎」を調べていましたら、興味深い記述に突き当たりました。

横断性脊髄炎と書くと難しいですが、「横断性」をとれば、「脊髄炎」、つまり脊髄が炎症を起こす疾患です。

その原因については、いろいろと考えられていますが、
「少なくとも全体の3分の2では、原因が不明(突発性)」
だとされています。

自己免疫障害と関係していることも指摘されていますので、他のさまざまな「原因のわからない病気」と類似した部分もありそうですが、アメリカの医学系サイトを見ていましたら、以下のような記述がありました。

これは、他の多くの発症原因の可能性が挙げられた後に書かれていたものです。

アメリカの医学メディアより
COVID-19 自体が横断性脊髄炎を引き起こす可能性があることを示唆するいくつかの症例報告がある。

たとえば、ドイツの臨床医は、医学誌「神経学 (Journal of Neurology)」で 5月に発行された論文で、 COVID-19 肺炎となった 60歳の男性について、症状からは迅速に回復したが、退院後 3日で横断性骨髄炎を示唆する症状を発症した事例について説明している。 (Managed Healthcare)

症例は稀なものとはいえ、新型コロナウイルスに続いて、この横断性骨髄炎を発症した事例があるということのようです。

そして、「そのウイルスのワクチンを作って、いつの日か実際に使用しようとしている」ということで、「ほんの少しの確率」とはいえ、そういう事例が増加することもあり得るものなのかもしれません。

アメリカの一般的な子どもは、18歳までの間に、30種類のワクチンを合計 119回接種するようです。

ここまでではなくても、主要国では比較的似たような感じの国も多く、これだけの数の接種となりますと、「その全部が絶対に必要だとは思いにくい」とは感じます。

そのことと関係するということではないでしょうけれど、現在のアメリカ、あるいはヨーロッパの多くの国も比較的似ているのですが、アメリカに関しては、
・5歳未満の子どもの 100万人以上が、精神神経系の薬を服用している。
・17歳未満では 830万人以上の子どもたちが精神神経系の薬を服用している。

ということになっています。
子どもたちが、こんなにメンタル系の薬物を服用している時代というのは、過去にはなかったと思われます。
これについては、以下の過去記事に詳しく書いていますので、ご参照いただければと思います。

イタリアで小児へのワクチン接種が強制となる法律が承認される中、アメリカで初めてとなる医学調査「ワクチンを接種した子どもと、摂取していない子どものどちらが多くの病気を持っているか」の衝撃の結果を見てみると
投稿日:2017年5月26日

稀な例とはいえ、「ワクチン接種後に一定の確率でこの疾患が起きることは専門家たちは《知っている》のだな」と初めて知りました。
予後が非常に悪いこの疾患。

しかも、単なるインフルエンザワクチンで起きるようなのですね。
「命の重要さの釣り合いが取れてないわな」
と思いつつも、今後もこういうことはどんどんと増えていくのだろうなあとも思います。

というのも、たとえば、インフルエンザワクチンは、今シーズン「過去5年間で、最大量となる 6300万人分を供給する」のだそうです。
昨日、厚生労働省が、ツイッターで「国民の皆様へ」として以下のように通知していました。

9月14日の厚生労働省のツイートより
【国民の皆さまへ】
新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される中、この冬に向けてインフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があります。今年は、過去5年で最大量(最大約6,300万人分)のワクチンを供給予定ですが、より必要とされる方に確実に届くよう、ご協力をお願いします。 (厚生労働省 / twitter)

それに加えて、新型コロナウイルスのワクチンが仮に完成した場合には、それも何千万人分も供給されるのでしょうから、この「億単位の接種数」に、先ほどの
「横断性骨髄炎の発症確率」
とか、子どもの
「急性散在性脳脊髄炎の発症確率」
などを数字で照らし合わせてみますと、なかなか先の暗い展望ではありそうです。

先日、「コロナワクチンの副作用、製薬企業を免責 法案提出へ」という朝日新聞の記事で報じられていましたように、日本では、新型コロナウイルスに対してのワクチンで、国民にどんな副作用が起きても、製薬企業は責任が完全に免除されることがほぼ決定しています。

私たちにとって、この先を生き抜くための本格的なサバイバルが始まっているのかもしれません。
<転載終了>

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/09/unnamed-file-880.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/09/unnamed-file-880-225x150.jpgtsutomu新型コロナウイルスIn Deepさんのサイトより引用抜粋 今日、NHK で以下のニュースを読みました。 アストラゼネカ 新型コロナワクチン 日本での臨床試験も再開へ 製薬大手「アストラゼネカ」が、中断していた新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験をイギリスに続いて日本でも近く再開する方針を固めたことが関係者への取材で分かりました。 イギリスの製薬大手アストラゼネカは、オックスフォード大学と共同で新型コロナウイルスのワクチンの開発を進めていて、イギリスやブラジルなどでは臨床試験の最終段階を迎えています。 ところが、イギリス国内でワクチンを接種した1人に原因不明の重い症状が確認されたことなどから、アストラゼネカは先週、世界各地で行っていた臨床試験を一時的に中断しました。 (NHK 2020/09/14) 「もう再開かよ」と感心するなり呆れるなりしましたが、数日前、以下のようなことがあり、ワクチン開発が一時的に停止されていたのです。 9月9日のブルームバーグの記事からです。 英アストラゼネカ、コロナワクチン試験中断-原因不明の疾患 英アストラゼネカは新型コロナウイルスワクチンの試験を中断した。試験参加者1人に有害反応の疑いが見られたためだとしている。新型コロナウイルス感染症に対するワクチン開発を急ぐ取り組みに遅れが生じる懸念がある。 アストラゼネカの発表資料によると、参加者1人に原因不明の疾患の発現が見られた後、ワクチン試験の標準的なレビューに基づいて中断を決めた。 (Bloomberg 2020/09/09) これらの報道では、 「原因不明の疾患の発現」 というような表現がされていまして、症状や病名は書かれていないですが、海外の報道では、その病名が報じられています。最初に報じたのは、アメリカのニューヨーク・タイムズでした。 それは「 transverse myelitis 」、日本語では「横断性脊髄炎」というものです。 日本の医学事典から調べてみますと、以下のようなものです。 急性横断性脊髄炎 症状と徴候 頸部、背部、または頭部に疼痛が生じることがある。胸部または腹部の周囲に帯状に分布する緊張、足および下肢の筋力低下、チクチク感、およびしびれ,ならびに排尿排便困難が数時間から数日をかけて出現する。 さらに数日をかけて完全な感覚運動障害を伴う横断性脊髄症へと進行して、対麻痺、病変レベル以下の感覚消失、尿閉、および便失禁を生じる場合もある。 (MSD マニュアル) このようなもので、もう少し読み進んで「予後」というところを読みますと、以下のように書かれてありました。 急性横断性脊髄炎 予後 一般に、進行が急速であるほど予後は不良となる。 疼痛の存在はより重度の炎症を示唆する。 約3分の1の患者は回復し、3分の1の患者には筋力低下および尿意切迫が残り、残りの3分の1の患者は寝たきりになり失禁を認める。(MSD マニュアル) このように、発症した患者さんのうちの、3分の2に後遺症が残り、その半分は「寝たきりになる」というものです。 今回のアストラゼネカのワクチンの臨床試験の中で、そういう症状の参加者が出たわけですが、先ほどのように、日本では、数日後に試験再開を発表しています。 イギリスやブラジルでも、9月12日までにすでに治験を再開しています。 研究者サイドの考え方は、非常にはっきりとしていまして、アストラゼネカと共にワクチンの開発をおこなっている英オックスフォード大学は、以下のように声明を出したと BBC は伝えています。 「このような大規模な治験で、一部の参加者が体調を崩すことは予想されること」 なお、この「横断性脊髄炎」を調べていましたら、興味深い記述に突き当たりました。 横断性脊髄炎と書くと難しいですが、「横断性」をとれば、「脊髄炎」、つまり脊髄が炎症を起こす疾患です。 その原因については、いろいろと考えられていますが、 「少なくとも全体の3分の2では、原因が不明(突発性)」 だとされています。 自己免疫障害と関係していることも指摘されていますので、他のさまざまな「原因のわからない病気」と類似した部分もありそうですが、アメリカの医学系サイトを見ていましたら、以下のような記述がありました。 これは、他の多くの発症原因の可能性が挙げられた後に書かれていたものです。 アメリカの医学メディアより COVID-19 自体が横断性脊髄炎を引き起こす可能性があることを示唆するいくつかの症例報告がある。 たとえば、ドイツの臨床医は、医学誌「神経学 (Journal of Neurology)」で 5月に発行された論文で、 COVID-19 肺炎となった 60歳の男性について、症状からは迅速に回復したが、退院後 3日で横断性骨髄炎を示唆する症状を発症した事例について説明している。 (Managed Healthcare) 症例は稀なものとはいえ、新型コロナウイルスに続いて、この横断性骨髄炎を発症した事例があるということのようです。 そして、「そのウイルスのワクチンを作って、いつの日か実際に使用しようとしている」ということで、「ほんの少しの確率」とはいえ、そういう事例が増加することもあり得るものなのかもしれません。 アメリカの一般的な子どもは、18歳までの間に、30種類のワクチンを合計 119回接種するようです。 ここまでではなくても、主要国では比較的似たような感じの国も多く、これだけの数の接種となりますと、「その全部が絶対に必要だとは思いにくい」とは感じます。 そのことと関係するということではないでしょうけれど、現在のアメリカ、あるいはヨーロッパの多くの国も比較的似ているのですが、アメリカに関しては、 ・5歳未満の子どもの 100万人以上が、精神神経系の薬を服用している。 ・17歳未満では 830万人以上の子どもたちが精神神経系の薬を服用している。 ということになっています。 子どもたちが、こんなにメンタル系の薬物を服用している時代というのは、過去にはなかったと思われます。 これについては、以下の過去記事に詳しく書いていますので、ご参照いただければと思います。 イタリアで小児へのワクチン接種が強制となる法律が承認される中、アメリカで初めてとなる医学調査「ワクチンを接種した子どもと、摂取していない子どものどちらが多くの病気を持っているか」の衝撃の結果を見てみると 投稿日:2017年5月26日 稀な例とはいえ、「ワクチン接種後に一定の確率でこの疾患が起きることは専門家たちは《知っている》のだな」と初めて知りました。 予後が非常に悪いこの疾患。 しかも、単なるインフルエンザワクチンで起きるようなのですね。 「命の重要さの釣り合いが取れてないわな」 と思いつつも、今後もこういうことはどんどんと増えていくのだろうなあとも思います。 というのも、たとえば、インフルエンザワクチンは、今シーズン「過去5年間で、最大量となる 6300万人分を供給する」のだそうです。 昨日、厚生労働省が、ツイッターで「国民の皆様へ」として以下のように通知していました。 9月14日の厚生労働省のツイートより 【国民の皆さまへ】 新型コロナウイルス感染症の流行が懸念される中、この冬に向けてインフルエンザワクチンの需要が高まる可能性があります。今年は、過去5年で最大量(最大約6,300万人分)のワクチンを供給予定ですが、より必要とされる方に確実に届くよう、ご協力をお願いします。 (厚生労働省 / twitter) それに加えて、新型コロナウイルスのワクチンが仮に完成した場合には、それも何千万人分も供給されるのでしょうから、この「億単位の接種数」に、先ほどの 「横断性骨髄炎の発症確率」 とか、子どもの 「急性散在性脳脊髄炎の発症確率」 などを数字で照らし合わせてみますと、なかなか先の暗い展望ではありそうです。 先日、「コロナワクチンの副作用、製薬企業を免責 法案提出へ」という朝日新聞の記事で報じられていましたように、日本では、新型コロナウイルスに対してのワクチンで、国民にどんな副作用が起きても、製薬企業は責任が完全に免除されることがほぼ決定しています。 私たちにとって、この先を生き抜くための本格的なサバイバルが始まっているのかもしれません。 <転載終了>ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。