FavoriteLoadingお気に入りに追加

全国の在来種のカブの生産者らが集まった「全国在来かぶらサミット」が12月1日、大津市の龍谷大学で初めて開かれた。会場には滋賀県内の近江かぶら(大津市)や日野菜(日野町)、天王寺蕪(大阪)、温海かぶ(山形)、稲核菜(長野)など岩手から愛媛までの約30種類が並べられた。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/12/unnamed-file-155-1024x576.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/12/unnamed-file-155-225x150.jpgtsutomu朝日新聞社全国の在来種のカブの生産者らが集まった「全国在来かぶらサミット」が12月1日、大津市の龍谷大学で初めて開かれた。会場には滋賀県内の近江かぶら(大津市)や日野菜(日野町)、天王寺蕪(大阪)、温海かぶ(山形)、稲核菜(長野)など岩手から愛媛までの約30種類が並べられた。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。