FavoriteLoadingお気に入りに追加

岐阜県高山市の夏の風物詩「手筒花火」の打ち上げが8月9日夜、市内を流れる宮川河畔であった。181発が打ち上げられ、飛び散る無数の火の粉が、夏の夜を染めた。「厄」落としに掛けて、毎年8月9日に開かれていて、36回目。川床の舞台で、はっぴ姿の男女が「いよー」と威勢の良い掛け声をかけると、1メートルほどある竹筒から火花が勢いよく噴き上がった。轟音ともに火花が燃え尽きると、辺りは静寂に包まれた。

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/unnamed-file-605-1024x576.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/unnamed-file-605-225x150.jpgtsutomu朝日新聞社岐阜県高山市の夏の風物詩「手筒花火」の打ち上げが8月9日夜、市内を流れる宮川河畔であった。181発が打ち上げられ、飛び散る無数の火の粉が、夏の夜を染めた。「厄」落としに掛けて、毎年8月9日に開かれていて、36回目。川床の舞台で、はっぴ姿の男女が「いよー」と威勢の良い掛け声をかけると、1メートルほどある竹筒から火花が勢いよく噴き上がった。轟音ともに火花が燃え尽きると、辺りは静寂に包まれた。ニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。