FavoriteLoadingお気に入りに追加

東京・東久留米市の住宅で55歳の男性を数十回刺して殺害したとして同居する女性の次男が逮捕された事件で、洗面台に男性の血痕が残されていたことが分かりました。

 三ツ本寛己容疑者(28)は先月8日、東久留米市の住宅の2階で二岡一浩さんを約70カ所刺すなどして殺害した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、1階の洗面台に二岡さんの血痕が残されていたことが新たに分かりました。三ツ本容疑者は容疑を否認していて、発覚を免れるため、手や刃物に付いた血を洗い流した可能性があるということです。警視庁は三ツ本容疑者の自宅から複数のナイフを押収するなどしていて、凶器の特定を急いでいます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/12/191204-16.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/12/191204-16-225x150.jpgtsutomuANNnewsCH東京・東久留米市の住宅で55歳の男性を数十回刺して殺害したとして同居する女性の次男が逮捕された事件で、洗面台に男性の血痕が残されていたことが分かりました。  三ツ本寛己容疑者(28)は先月8日、東久留米市の住宅の2階で二岡一浩さんを約70カ所刺すなどして殺害した疑いが持たれています。その後の捜査関係者への取材で、1階の洗面台に二岡さんの血痕が残されていたことが新たに分かりました。三ツ本容疑者は容疑を否認していて、発覚を免れるため、手や刃物に付いた血を洗い流した可能性があるということです。警視庁は三ツ本容疑者の自宅から複数のナイフを押収するなどしていて、凶器の特定を急いでいます。 https://news.tv-asahi.co.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。