FavoriteLoadingお気に入りに追加

東海道新幹線の車内で乗客の男女3人を殺傷して殺人などの罪に問われた男の裁判で、男は犯行を決意した経緯について「祖母との電話がきっかけだった」と話しました。

 小島一朗被告(23)は去年6月に走行中の東海道新幹線の車内で、なたなどで女性2人を切り付け、さらに、止めに入った男性会社員(38)を殺害した罪などに問われています。4日の裁判で、小島被告は検察官に犯行を決意したきっかけを問われて「祖母との電話で犯行を決意した。刑務所に入っても問題ないと思った」と話しました。逮捕後の取り調べでは「祖母に養子縁組を解消すると言われた」と供述していましたが、裁判で内容を問われると「祖母が何を言ったかは申し上げられません」と黙秘しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/12/191204-12.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/12/191204-12-225x150.jpgtsutomuANNnewsCH東海道新幹線の車内で乗客の男女3人を殺傷して殺人などの罪に問われた男の裁判で、男は犯行を決意した経緯について「祖母との電話がきっかけだった」と話しました。  小島一朗被告(23)は去年6月に走行中の東海道新幹線の車内で、なたなどで女性2人を切り付け、さらに、止めに入った男性会社員(38)を殺害した罪などに問われています。4日の裁判で、小島被告は検察官に犯行を決意したきっかけを問われて「祖母との電話で犯行を決意した。刑務所に入っても問題ないと思った」と話しました。逮捕後の取り調べでは「祖母に養子縁組を解消すると言われた」と供述していましたが、裁判で内容を問われると「祖母が何を言ったかは申し上げられません」と黙秘しました。 https://news.tv-asahi.co.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。