FavoriteLoadingお気に入りに追加

甲府市の工房では来年の干支(えと)のネズミをモチーフにした土鈴作りが最盛期を迎えています。土鈴は厄よけの意味もあり、最近では縁起物として親しまれています。ネズミの土鈴はおめでたい色とされる白を基調として約2000個作られ、首都圏の神社仏閣に発送されるということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/11/191130-8.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/11/191130-8-225x150.jpgtsutomuANNnewsCH甲府市の工房では来年の干支(えと)のネズミをモチーフにした土鈴作りが最盛期を迎えています。土鈴は厄よけの意味もあり、最近では縁起物として親しまれています。ネズミの土鈴はおめでたい色とされる白を基調として約2000個作られ、首都圏の神社仏閣に発送されるということです。 https://news.tv-asahi.co.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。