FavoriteLoadingお気に入りに追加

 新型コロナウイルスの感染が再拡大するフランスで、ブースター接種を受けなければワクチンパスポートが無効になると発表されました。

 フランスのベラン保健相は25日、来年1月15日以降はブースター接種を受けていなければ飲食店に入る際などに必要なワクチンパスポートが無効になると発表しました。

 接種完了から7カ月以上経つすべての成人が対象です。

 また、ブースター接種の対象者も接種完了から5カ月以上経つすべての成人に広げました。

 一方、イタリアでは来月から未接種者は陰性証明を持っていてもレストランや映画館などの利用が禁止されるなどヨーロッパで規制強化の動きが加速しています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/11/20211126-9.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/11/20211126-9-225x150.jpgtsutomuANNnewsCH 新型コロナウイルスの感染が再拡大するフランスで、ブースター接種を受けなければワクチンパスポートが無効になると発表されました。  フランスのベラン保健相は25日、来年1月15日以降はブースター接種を受けていなければ飲食店に入る際などに必要なワクチンパスポートが無効になると発表しました。  接種完了から7カ月以上経つすべての成人が対象です。  また、ブースター接種の対象者も接種完了から5カ月以上経つすべての成人に広げました。  一方、イタリアでは来月から未接種者は陰性証明を持っていてもレストランや映画館などの利用が禁止されるなどヨーロッパで規制強化の動きが加速しています。 https://news.tv-asahi.co.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。