FavoriteLoadingお気に入りに追加

 中国の習近平国家主席は、軍の創設記念日に合わせて演説し「軍が強くなることで国は安定する」と述べて、軍拡路線を加速する姿勢を鮮明にしました。

 中国共産党は7月30日、8月1日の「建軍節」に合わせて習主席ら最高指導部のメンバーが出席して会議を開催しました。

 このなかで習主席は、共産党が絶対的に軍をコントロールするとして「国を強くするには軍を強くしなければならず、軍が強くなって初めて国は安定する」と強調しました。

 また、自力で軍事技術の開発を進めるよう指示したうえで、「強大な軍隊の建設を加速しなければならない」として、2027年の軍創設100年に向けて軍拡路線を推進する考えを強調しました。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/08/202182-31.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/08/202182-31-225x150.jpgtsutomuANNnewsCH 中国の習近平国家主席は、軍の創設記念日に合わせて演説し「軍が強くなることで国は安定する」と述べて、軍拡路線を加速する姿勢を鮮明にしました。  中国共産党は7月30日、8月1日の「建軍節」に合わせて習主席ら最高指導部のメンバーが出席して会議を開催しました。  このなかで習主席は、共産党が絶対的に軍をコントロールするとして「国を強くするには軍を強くしなければならず、軍が強くなって初めて国は安定する」と強調しました。  また、自力で軍事技術の開発を進めるよう指示したうえで、「強大な軍隊の建設を加速しなければならない」として、2027年の軍創設100年に向けて軍拡路線を推進する考えを強調しました。 https://news.tv-asahi.co.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。