FavoriteLoadingお気に入りに追加

 新型コロナウイルスのワクチン接種が進むアメリカ・ニューヨーク市が、ワクチンによって8300人が死なずに済んだとする研究結果を発表しました。

 ニューヨーク市は14日、1月から先月15日までに新型コロナに感染した50万人余りのうち、98.9%がワクチンの接種を完了していなかったと明らかにしました。

 入院患者と死者についても、98%以上が接種を済ませていない人でした。

 ニューヨーク市の人口は830万人余りで、エール大学の試算によりますと、ワクチンにより25万人の感染と8300人の死者を防いだということです。

 ニューヨーク市では、大規模接種会場を閉鎖する一方、病院や薬局など合わせて800カ所以上の会場数を維持しながら接種を呼び掛けています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/07/NY83002021716.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/07/NY83002021716-225x150.jpgtsutomuANNnewsCH 新型コロナウイルスのワクチン接種が進むアメリカ・ニューヨーク市が、ワクチンによって8300人が死なずに済んだとする研究結果を発表しました。  ニューヨーク市は14日、1月から先月15日までに新型コロナに感染した50万人余りのうち、98.9%がワクチンの接種を完了していなかったと明らかにしました。  入院患者と死者についても、98%以上が接種を済ませていない人でした。  ニューヨーク市の人口は830万人余りで、エール大学の試算によりますと、ワクチンにより25万人の感染と8300人の死者を防いだということです。  ニューヨーク市では、大規模接種会場を閉鎖する一方、病院や薬局など合わせて800カ所以上の会場数を維持しながら接種を呼び掛けています。 https://news.tv-asahi.co.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。