FavoriteLoadingお気に入りに追加

東京大会のスポーツドクターに定員の2倍の応募があったことが分かりました。

 組織委員会によりますと、東京オリンピック・パラリンピックでスポーツドクター200人を募集したところ、395人の応募がありました。

 組織委員会は、大会期間中の熱中症やけがの治療のほか、新型コロナウイルスに感染した疑いがある人の対応をするために、スポーツドクターの協力を求めていました。

 ボランティアとしての活動なので、謝礼は支払われません。

 組織委員会は応募した395人については200人に絞らずに、全員に活動してもらう予定だとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/05/22021517.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/05/22021517-225x150.jpgtsutomuANNnewsCH東京大会のスポーツドクターに定員の2倍の応募があったことが分かりました。  組織委員会によりますと、東京オリンピック・パラリンピックでスポーツドクター200人を募集したところ、395人の応募がありました。  組織委員会は、大会期間中の熱中症やけがの治療のほか、新型コロナウイルスに感染した疑いがある人の対応をするために、スポーツドクターの協力を求めていました。  ボランティアとしての活動なので、謝礼は支払われません。  組織委員会は応募した395人については200人に絞らずに、全員に活動してもらう予定だとしています。 https://news.tv-asahi.co.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。