FavoriteLoadingお気に入りに追加

トヨタ自動車は8日、最新の高度な運転支援技術を搭載した車を発売しました。

新機能では、高速道路などで運転支援システムによって、車線変更や手放し走行が可能になります。さらに、運転支援のソフトウエアは自動的にアップデートされます。

また、ドライバーが目を閉じた状態になると自動でハザードランプを点滅させ、路肩に車を停車させる機能もあります。

対応車種は『レクサス』のセダンと燃料電池車『ミライ』で、トヨタ自動車は今後、他の車種でも導入したいとしています。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/04/202148-59.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2021/04/202148-59-225x150.jpgtsutomuANNnewsCHトヨタ自動車は8日、最新の高度な運転支援技術を搭載した車を発売しました。 新機能では、高速道路などで運転支援システムによって、車線変更や手放し走行が可能になります。さらに、運転支援のソフトウエアは自動的にアップデートされます。 また、ドライバーが目を閉じた状態になると自動でハザードランプを点滅させ、路肩に車を停車させる機能もあります。 対応車種は『レクサス』のセダンと燃料電池車『ミライ』で、トヨタ自動車は今後、他の車種でも導入したいとしています。 https://news.tv-asahi.co.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。