FavoriteLoadingお気に入りに追加

14日のニューヨーク株式市場は、ダウ平均が急落し、前日比800ドル安で取引を終えた。今年最大の下げ幅となった背景には、景気後退への懸念がある。きっかけは、中国で発表された経済指標が市場の予想を下回ったことなどで、その結果、投資マネーは比較的安全とされる長期国債に流入し、長期国債の金利が短期国債の金利を下回る逆転現象が起きた。長短金利の逆転は景気後退の予兆とされている。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/NY800190815.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/NY800190815-225x150.jpgtsutomuANNnewsCH14日のニューヨーク株式市場は、ダウ平均が急落し、前日比800ドル安で取引を終えた。今年最大の下げ幅となった背景には、景気後退への懸念がある。きっかけは、中国で発表された経済指標が市場の予想を下回ったことなどで、その結果、投資マネーは比較的安全とされる長期国債に流入し、長期国債の金利が短期国債の金利を下回る逆転現象が起きた。長短金利の逆転は景気後退の予兆とされている。 https://news.tv-asahi.co.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。