FavoriteLoadingお気に入りに追加

台風10号は上陸前から西日本を中心に猛威を振るいました。川は瞬く間に濁流となり、今年一番の暴風となった所もありました。気象予報士・今村涼子さんの解説です。 台風10号は今も広島県内を北上しているという状況です。それに伴い、西日本中心にまだ広く大雨が続いています。15日午後5時現在で広島県の三次市付近にあると思われ、速度は時速25キロとあまり速度は上がっていない状況です。暴風域はなくなりましたが、まだ強風域が広く、東日本までかかってきているという状況です。だいぶピークから過ぎてきているので、構造としては崩れ始めてきています。 今回の台風の特徴として、中心よりも東側で結構、離れたところの方が雨や風が強いということが挙げられます。実際のレーダーを重ねてみると、やっぱり活発な雨雲が見られるのが中心よりも東側。特に紀伊半島方面ではひっきりなしに激しい雨が降り続けている状況です。300キロほど離れた紀伊半島で今、一番雨が強い状況です。これがまだこの後も続きそうです。 今後の予想進路を見ると、15日午後7時や8時ごろには日本海上に抜けて北上し、17日にかけては今度は北海道に近付いてきます。この台風が今までに降らせた雨の量はかなりの量になってきています。特に紀伊半島から四国方面で奈良県内や高知県内なども700ミリ近くに達していて、徳島県内でも600ミリ近くになっています。近畿方面で300ミリ以上で、四国でも200ミリが予想されているのでトータルにすると1000ミリ近くになる恐れがあります。土砂災害警戒情報も各地域で出ているので本当に危険な斜面などにはこれから絶対に近付かないようにして頂きたいと思います。 そして、この雨の範囲はこれから北に向かいます。まず、西日本が15日夜いっぱいは激しい雨の中心です。そして、東海から関東・甲信は16日朝まで激しい雨が続き、一部で猛烈な降り方をする恐れが出てきています。そして、16日の日中になると、今度は北日本が警戒になります。東北、そして北海道で夕方以降に大雨になってきます。西日本の1000ミリと比べると300ミリって少ないように見えますが、北海道にとっては記録的な量になる恐れがあるので油断はしないで警戒して頂きたいです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/10190815-4.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2019/08/10190815-4-225x150.jpgtsutomuANNnewsCH台風10号は上陸前から西日本を中心に猛威を振るいました。川は瞬く間に濁流となり、今年一番の暴風となった所もありました。気象予報士・今村涼子さんの解説です。 台風10号は今も広島県内を北上しているという状況です。それに伴い、西日本中心にまだ広く大雨が続いています。15日午後5時現在で広島県の三次市付近にあると思われ、速度は時速25キロとあまり速度は上がっていない状況です。暴風域はなくなりましたが、まだ強風域が広く、東日本までかかってきているという状況です。だいぶピークから過ぎてきているので、構造としては崩れ始めてきています。 今回の台風の特徴として、中心よりも東側で結構、離れたところの方が雨や風が強いということが挙げられます。実際のレーダーを重ねてみると、やっぱり活発な雨雲が見られるのが中心よりも東側。特に紀伊半島方面ではひっきりなしに激しい雨が降り続けている状況です。300キロほど離れた紀伊半島で今、一番雨が強い状況です。これがまだこの後も続きそうです。 今後の予想進路を見ると、15日午後7時や8時ごろには日本海上に抜けて北上し、17日にかけては今度は北海道に近付いてきます。この台風が今までに降らせた雨の量はかなりの量になってきています。特に紀伊半島から四国方面で奈良県内や高知県内なども700ミリ近くに達していて、徳島県内でも600ミリ近くになっています。近畿方面で300ミリ以上で、四国でも200ミリが予想されているのでトータルにすると1000ミリ近くになる恐れがあります。土砂災害警戒情報も各地域で出ているので本当に危険な斜面などにはこれから絶対に近付かないようにして頂きたいと思います。 そして、この雨の範囲はこれから北に向かいます。まず、西日本が15日夜いっぱいは激しい雨の中心です。そして、東海から関東・甲信は16日朝まで激しい雨が続き、一部で猛烈な降り方をする恐れが出てきています。そして、16日の日中になると、今度は北日本が警戒になります。東北、そして北海道で夕方以降に大雨になってきます。西日本の1000ミリと比べると300ミリって少ないように見えますが、北海道にとっては記録的な量になる恐れがあるので油断はしないで警戒して頂きたいです。 https://news.tv-asahi.co.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。