FavoriteLoadingお気に入りに追加

新型コロナウイルスの感染源が市場で売られていた野生動物であると指摘されるなか、中国の習近平国家主席は「生物安全法」の整備を急ぐよう指示しました。

 習主席は14日、共産党の指導部の会議で「人民の生命と健康を確保することは党の国政運営における重大な任務だ」と強調しました。そのうえで、動物や植物から発生するウイルスを予防したりコントロールするなどして重大な感染症を防ぐ生物安全法の成立を急ぐよう指示しました。この生物安全法の草案は去年10月に策定されていましたが、今回の新型ウイルスの感染拡大を受けて具体的な対策内容が強化されるものとみられます。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp

https://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/02/200215-12.jpghttps://news.foredooming.com/wp/wp-content/uploads/2020/02/200215-12-225x150.jpgtsutomuANNnewsCH新型コロナウイルスの感染源が市場で売られていた野生動物であると指摘されるなか、中国の習近平国家主席は「生物安全法」の整備を急ぐよう指示しました。  習主席は14日、共産党の指導部の会議で「人民の生命と健康を確保することは党の国政運営における重大な任務だ」と強調しました。そのうえで、動物や植物から発生するウイルスを予防したりコントロールするなどして重大な感染症を防ぐ生物安全法の成立を急ぐよう指示しました。この生物安全法の草案は去年10月に策定されていましたが、今回の新型ウイルスの感染拡大を受けて具体的な対策内容が強化されるものとみられます。 https://news.tv-asahi.co.jpニュース動画をコンテンツごとにわかりやすくまとめた国内最大級のサイトです。